The Doppler Quarterly (日本語) 冬 2016 - Page 51

Kubernetes Kubernetes は機能のほとんどの領域でバランスが取れています。 最近の更新により、大規模な展開が実現され、既存のスムーズ な更新プロセスが改善されました。それとともに、コンテナーの 世界に 10 年間取り組み、週に 20 億のコンテナーを開始できる 組織の後ろ盾があれば、すでに急速に成熟し続け他を圧倒する 製品を得られます。 Swarm これらの中で最もできて間もないツールですが、Docker はこの 1 年くらいで大きな進歩を遂げました。Docker はネットワーク機 能を大幅に改善しました。また、Docker の確かな開発力により Swarm の進化は 1 年先まで続きます。Docker だけを使う小規 模な環境であれば、他のツールの利点を追加する必要はないか もしれません。swarm-kubernetes 統合がもたらす機能により、 成長に応じて別のオーケストレーションレイヤーの採用と連携が 可能になります。 最後に コンテナーの全容は見え始めたばかりで、急速に高度化していま す。Swarm と Machine は、 イニシャルベータからまだ 1 年も経っ ていませんし、Swarm 1.0 は 11 月の始めにリリースされたばかり です。Kubernetes プロジェクトがリリースされてからたったの 18 か月しか経っていません。Mesos でさえ、 その Docker コンテナー フレームワークに関してこの領域では比較的新しいのです。こうし たことにも関わらず、この 3 つはすべて著しい成長と進歩を遂げま した。すべてのツールの主要な機能が着々と強化されると予測し ます。 まだ困惑している人のために、心配が無用になる情報をご紹介し ます。 Google と AWS の両方が管理コンテナーサービスを提 供しま す。Google Container Engine (GKE) と Amazon s Elastic Container Service (ECS) の両方で、管理オーケストレーション アプローチが可能です。これらのサービスの詳細については、 Docker ブログ、cloudtp.com/insights を参照してください。 2016年冬号 | THE DOPPLER | 49