The Doppler Quarterly (日本語) 冬 2016 - Page 44

ローチと結びついたクラウドテクノロジーの機能により、そ のモデルは大きく変化しています。 多くの IT 組織の主要なリーダーは、とりわけクラウドと DevOps を組み合わせた場合の展開サイクルの加速化と 運用コストの削減について、コンテナーの潜在能力を把握 しつつあります。こうした能力はきわめて高い競争力をもた らす可能性があります。エンタープライズ IT 環境で何かが きっかけになれれば、直接競争のような既存要因が高い 競争力に変わることもあります。 Docker の 設 計 者、Aaron Huslage と Matt Bentley と ともに最近携わったコンテナーのプロジェクトで、これ が現実に展開するのを目にしました。両方共に長年続く Fortune 50 の企業向けのプロジェクトであり、膨大な数の レガシーインスタンスとプロセスが関連していました。しか し、どちらのケースでも、Docker の専門技術を活用して、 アプリケーションデリバリプロセスとアーキテクチャーへの コンテナーの組み込みを強力に推し進めました。 通説3の真実: 誤解 通説4: Dockerコンテナーは、従来型のインフ ラストラクチャと比較してセキュアではない この通説は、さらに直接的に ( また、不正確に ) 「コンテ ナーはセキュアではない」とよく表現されます。有益なセ キュリティ評価は、認定されている標準に対する測定方法 に全面的に依存しています。つまり、完全なセキュリティは、 完全にアクセスできない場合にのみ達成されます。標準が VMware の仮想マシンのような VM である場合、コンテ ナーでは同レベルの分離を実現できないという事実に反論 できません。また、Docker コンテナーには解消するべき セキュリティギャップがあります +_/_jo #?/BW 3 / ώώ+WZ,+Czs_WZ/_ k ώ Î ߎ  ώ + ώ VÎ Kns&+o7 /Og rZÎώx+ ߎώRJƇc~ K"ۦfC7g _B+{ ߎώ3 k ώ Î ߎ  ώ ώ K3_+ / B ώ ώ RJƇc~B##+{ ߎώ k ώ Î ߎ B# ?o +g+ϖ2[W 3 k ώ Î ߎ 3זώW 3 /<+ GC ێ RJ Kgkg /  + +o O ȃ ώώ+3זώW 3ӖB#+g[  ߖ2[_# ώ3[W 3fC ++RJ k ώ Î ߎ O?w+6c _ ǎ ߎώ_ _/ 7o O+OOg7  ώώ+3˚_ />צj8(ȁQ!=AA1HۖӖ>+   "C_? ώώ++2[W 3 _ ǎ ߎώ  RJƇc~O+ϖ2[  w_c~W' ? 'ӖB#0+ /Og+kӎr|胖Ow ? 3 /3+k胎 ώώ+?JÖWZ,++ #ώ  ǎ # ߎώ7+Ok Kg+w '?‡6cg+3 ώώ++ '/c G ǎ 2[W 3  ߎώ?+JÖ  ǎ # ߎώ77g 3ÎL+ 3_// _ 3o O _/_+L+ #_ >ǎ +gȃ)5M݅ɷ ͔ K""R7 / #+_/ 'g+Oȃʋ23  . ώ ,+ ώ Þ3OwCzs_Z/fW 3|-Չɹѕ̃+ # /N2[ #3ZW 3 ώώ+  ǎ  + ߎώ/3VÎ +g =ɍɐߖ>8+3ȁA$+  ͔G<)Mѥ䃎!̃9܁I ɥ3w0+k? ώώ+  ǎ # ߎώWZ/b8+O/ K>C7 / #g+k׎r|胢+kIӎۖB# # ()ˎ:R3 3 ,) ɕ=L3ۖB# ώώ+g[_IЃ K\+/ ώ Î # +k?f jc0+>ZGV? K2_+1ȃ3+ 'sۖB#g[3w 3^?> 3g/)Y5݅ɔw? GC ێr&2G"3/ ' 0+ /CVÖӎ// +_ #7 #g+S#7 ? ‡6cg  +ȃ ; + _́A$ KRg / _ώ  _  +_ # K:ˎg / _ώ  Z/f ώ+/  +ȃ/ 'g Y5݅ɔ)5ɽͽЃ #  ' Kϖ2[_ + #*{_Oێ3 $5ɽͽЃY5݅ɔnӚ:+r jr'ے'n&/ +_)ȃ+O 7 _ώ   (+kGȃ3 ώώ+[ώ#r&7k+ ? ȃ ; Gv,