The Doppler Quarterly (日本語) 冬 2016 - Page 43

Jon Baier CTP、シニアアーキテクト とりわけ、このアーキテクチャー上の基本的な相違点が、 スピードという仮想マシンに対する Docker コンテナーの 重要な優位性をもたらしています。簡単に言うと、ビルド、 構成、テスト、展開、更新、移行といったほとんどすべて の標準開発または運用タスクについて、 Docker コンテナー は時間短縮とコスト削減を実現します。製品化までの時間 短縮と TCO の削減を約束することが、多くのコンテナー それぞれが目指すところです。コンテナーが完全に仮想マ シンに置き換わる可能性はなくとも、コンテナーが VM の 主なワークロードの 1 つではなくなるかもしれないことは想 像できます。 通説1の真実: 誤解 通説2: Dockerコンテナーは クリティカルなワークロードに向かない 現在、 Docker コンテナーは開発テストと概念実証プロジェ クトでのみ利用されるといった ( 誤った ) 認識が広まってい ます。実際に、IT の同僚やお客様から、 「Docker コンテ ナーがクリティカルなワークロード、ましてや本番環境で使 用されていることなどあるのですか」という質問を頻繁に 受けます。 「使用されています」と、 はっきりと答えています。 Docker コンテナーではクリティカルなワークロードが稼働 中で、一般に把握されているよりもはるかに普及しています。 以下にその一例を示します。 • 世界的な金融サービス企業の ING は、Docker コン テナーを使用して継続的デリバリプロセスを加速化 し、毎週 500 の展開を推進して、市場投入までの時 Dan Griffith CTP、シニアアーキテクト 間を短縮する目標を達成しています。 • 世 界 的 な 投 資 銀 行 で あ る Goldman Sachs は、 Docker コンテナーを使用して、アプリケーションの構 築と展開を集中化しています。 • 音 楽 ストリーミングの 大 手 企 業、Spotify で は、 Docker コンテナーにより、ソフトウェア展開の反復 実行、簡素化、フォールトトレラントが可能になりまし た。 • アプリケーションパフォーマンス管理の大手企業、 New Relic は、展開に関する困難な問題の解決に Docker コンテナーを利用しています。 • さらに言えば、Docker コンテナーによる大規模な展 開には公表されていないものもあります。非公開の理 由は明らかに、そうした企業が高い競争力を獲得して いるためです。 通説2の真実: 誤解 通説3: コンテナーはエンタープライズITに 数年間影響を与えない IT 業界の多くの識者が、企業の新しいテクノロジーの採用 には従来時間がかるということを、コンテナーがエンター プライズ IT に短期間で大きな影響を与えない理由として 挙げています 過去にいくつかの例証があるとはいえ、今日 のエンタープライズ IT 環境が大幅に変化したことがこの観 点では考慮されていません。エンタープライズ IT プロジェ クトが従来、数か月や数年に及んだ一方で、DevOps アプ 2016年冬号 | THE DOPPLER | 41