The Doppler Quarterly (日本語) 冬 2016 - Page 42

Dockerの通説を覆す Dan Griffith 6つの通説を覆し、 コンテナーの将来が予想以上に近づいていることを証明します。 今年、Docker コンテナーは「最も過剰に宣伝 ( ハイプ ) されたテクノロジー」というレッテルを張られることがあり ました。 このハイプにより、Docker コンテナーが次の目玉となるテ クノロジーとして IT コミュニティで幅広い支持を得ることは なく、結果はそれにはほど遠いものでした。Gartner の権 威あるハイプサイクルのシーケンスに反して、コンテナーの 議論は、 「過度な期待」のピーク期が全くなく黎明期から 幻滅期へとまっすぐに落ち込んだように見えました。概して、 毎日コンテナーへの新たな批判的評価がなされているよう で、とりわけ Docker がその対象になっています。こうし た批判は、Docker コンテナーテクノロジーの潜在能力と 実際の製品の使用に対する未熟さや準備不足が、明らか に対照的であると思われる点に集中しています。 しかし、Docker における技術的な溝を体験し、私はコン テナーの現在と将来について全く異なる見解を有するによ うになりました。Docker コンテナーが比較的テストされて ないテクノロジーであること、コンテナーがインフラストラ クチャコンポーネントの主流となるには、ネットワーク、ス トレージ、セキュリティにおいて埋めるべき大きな機能上の ギャップがあることを認めます。それでも、コンテナーの主 流派の支持と幅広い普及との間はほとんどの人が思う以上 に近づいていること、そしてコンテナーがすでにユビキタ ス化への軌道に乗っていることを主張したいと思います。こ の記事では、Docker とコンテナー化についての通説を覆 すことにスポットを当てます。 40 | THE DOPPLER | 2016年冬号 通説1: Dockerコンテナーを最も正しく理解す るには、小規模なVMであると考えるとよい 仮想化の幅広い経験を持つ多くの IT プロフェッショナル のように、Docker コンテナーの概念は、最初は小規模な 仮想マシンとして論理的に解釈されました。コンテナーと 仮想マシンが等価であるという概念は、単純で、洗練され ていて、分かりやすくはありますが、完全に誤っています。 実際に、 Docker の設計者は、ブートストラップのトレーニン グセッション中に、コンテナーは仮想マシンではない、コン テナーを仮想マシンのように扱うべきではないと厳しく述 べながらこの考えを正します。Docker コンテナーは確か に、アプリケーションプロセスに、コンピュート、ストレージ、 ライブラリ、ネットワークなどのリソースサブセットを提供し て VM と同じ目的で機能します。しかし、特にある領域に、 重要な相違点があります。 仮想マシンは、抽象化されたソフトウェアとしてのハード ウェアレイヤーで稼働するオペレーションシステムを使用し ます。また、アプリケーションプロセス全体にプロビジョ ニングされます。対照的に、コンテナーは、コンテナー の特定のアプリケーションプロセスを実行するのに必要 な、特定のオペレーティングシステムのリソースのみをプロ ビジョニングします。VM にアプリケーションを初めてイン ストールする際には、特定のハイパーバイザーバージョン で提供され .빠8x੸ਸiby/g8fxnykk888kx8xxहxe$8ejdx8l8jࢸof¸ #89c%#xਸx8kx8jkg+98j yalz`&8xi/9`xfx\888 B\88x8 9doy.8 x J8સxixicB H9oz)xjx8xn8kਸxc9oz)xifx