The Doppler Quarterly (日本語) 冬 2016 - Page 36

アプリケーション開発向け ソフトウェアコンテナーの紹介 David Linthicum 一部のパブリッククラウド独自の性質を前提にすると、このテクノロジーは主に、この 領域でポータビリティに大きなギャップがあることに起因します。そして、このテクノロ ジーにより、アプリケーションがクラウドからクラウドへ移動させることができる仮想 コンテナーに抽象化されます。 コンテナーのアーキテクチャーは、その他の主要な利点です。今では、アプリケーション をオブジェクトまたはコンテナーに分割するのは標準的な方法になっています。このよ うにアプリケーションを細分化すると、クラウドであろうとなかろうと、そうしたアプリ ケーションを異なる物理マシンと仮想マシンに配置できます。この柔軟性により、ワー クロード管理に関する利点を多く得られ、フォールトトレラントなシステムを簡単に構築 できるようになります。 また、クラスタリング、スケジュール、オーケストレーションテクノロジーを使用して、 開発者は、コンテナー内に存在するアプリケーションを拡張でき、耐障害性を高める ことができます。こうしたツールでは、 これらの機能を可能にする、 適切に定義されたコン テナー管理レイヤーを使用して、コンテナーグループを管理できます。コンテナー環境 の普及が進むと、こうした管理レイヤーなしでアプリケーションを構築するのが難しくな ります。 最終的に、コンテナーの普及により AWS、HPE、IBM などの大企業にコンテナーが 支持されるようになります。そのため、企業で使用される既存のツールとテクノロジー からもサポートされるようになります。資金力のある多数のスタートアップ企業も現れ始 め、革新的なソリューションでコンテナー開発をますます興味深く、生産的なものにし ています。 こうしたことすべては、ソフトウェアエンジニアにとって何を意味するのでしょうか。こ の質問に答えるために、アプリケーション開発担当者 BGG7 vn_3 ' +W# ώώ+RZW K_g+~r+r f>+_ / ώώ+g[ ,ȃ W# ώώ+ _+ ǎ ߎώWZ/.W2[ K>g / _ώ  _ #g ώώ++[ώ#/ +Wȃg  /*{ (ЁQ!=AA1HۖӖ>