The Doppler Quarterly (日本語) 冬 2016 - Page 18

第4段階: クラウドに「すべてを統合」 まとめ コンピテンシーがあることを意識していない段階では、クラ ウドでのソリューション構築が当たり前になります。こうし た企業は、ソフトウェアの構築と提供方法を転換して、事 業に大きな価値を創出しています。いくつかの事例で、新 たなビジネスモデルさえ可能にすることもあり、今では事業 の価値を急速に高める方法を求めています。この時点で、 こうした組織はクラウドに 「すべてを統合」 しています。また、 純粋な PaaS プロバイダーからの PaaS、または IaaS プロ バイダーからのレベルの高いサービス、もしくはその両方 の採用を開始します。こうした企業は、 インフラストラクチャ とアプリケーションスタックには、ビジネス価値が皆無か それに近いと理解しています。売り上げを向上するビジネス 要件の充足、高いレベルの顧客サービスの開発、競争相 手よりも早い市場への進出という価値がクラウドコンピュー ティングから得られます。 大企業のクラウドの採用と活用には時間がかかります。数 年にわたり私が実際に見てきたパターンは、 ること 70 年 代の心理学者が開発した有名な 「コンピテンシーの 4 段階」 の学習モデルに大変よく似ています。企業内でクラウド採 用プログラムを主導している場合、そのモデルのフェーズを 理解することが重要です。やるべきことは学習モデルを学 ぼうと必死になるのではなく、高い段階へできるだけ速く進 むことです。そうすることで、企業は競争相手がこの記事 を読んで同じことを実行するのよりも早く、クラウドのコン ピテンシーがあることを意識せずに利益を獲得できます。 「基礎となるテクノ x88 ya9e98jolzg yg9g*98j8xy/y`)8jefx¹z+f8k(9ij8ࢸ ya9e8k xx੸B8x88k"y*9)हd)ke¸ofx#B+ 9zfk/ ykxk(kyc8हi)i"zgjxeia8ofx -9h8ji"zgjxk/ji8a8ik B#UN[[8#xxx8xi¸k\][ۙH8kx888888 9+:* 8 H8सb*xoch8exa8 xx੸xifxnxiklyd"8ऺ`,x RU:`b*8kyxह.y+8byi"xb88aj8eia8¹i))(xbi9.%c98jaz'ygeह.y.eia8ofx ࠸a H8i8 H[\[[XX8k/c8`ࢸofx H8k x8k*+ykghcxह.o9l9nm:ei L9b!k H9.y."࠹+l#fx.9kifx .%c9.+xk8x8xk H9.y."सx傸x੸xj(c8fx*"9.ifx S R[H\8k¸#8࠸k9kj$iࠈ8x8i࠸ja8 c y)j8ei*dj8i¸kjc yoy-8jdj8h8#xj:/8nxia8ofx x P\][ۙH8k8aj/ ykxj8gxk.i&ck/ ykxc8 x8c8`dj8ह#+f8eia8ja9zfjb,:`e8eia8ofx gxae¸g/ ykxk Bx੸xहxࢹl/xce Bx੸xj#8fxnxiहlyd"8#Bfxdj8j8ࢸ y/ ykxkl!ixह.y+8byi"zgjxicxj9!)¸eia8ofx MHT Mnm9a9c