The Doppler Quarterly (日本語) 冬 2016 - Page 14

クラウドおよび従来型 開発 自動 ユニット テスト 継続的な開発 自動 継続的 インテグレーション クラウドのみ プラット フォーム テスト ステー ジング 自動 継続的テスト 自動 アプリ ケーション 受け入れ テスト 継続的展開 自動 本番環境へ 展開 CloudOps 図2: DevOpsプロセスはクラウドと従来のプラットフォームの全体に及びます。 ます。私が関わるほとんどの DevOps プロセスで、複数 のパブリッククラウドとプライベートクラウドを使用します。 OpenStack、AWS、Google などの環境を持つことがあ り、DevOps プロセスに指定したターゲットが、アプリケー ションや付随する要件に基づいて変わる場合もあります。 または将来、最小コストのクラウドの仲介を行い、最も安 く効率的なクラウドを即座に判定することもあるでしょう。 ステップ6: クラウドとオンプレミス向けのツー ルを選択する DevOps ツールの理解は簡単ではありません。同じ用語が 使われていても、使用できる機能の種類が紛らわしく、重 複していることがよくあります。これに対処するには、プラッ トフォームと要件の一覧を、従来のプラットフォームとクラ ウド間で DevOps プロセスをどのように区切るかも含めて 作成します。 その後、必要となるツールのカテゴリ一覧を編集します。 この一覧を、継続的な開発、統合、テスト、展開などの高 いレベルから改めて確認し、必要となるサブパターンを定 義します。サブパターンには、採用するコードとデータのタ イプに適切な自動化のテストが含まれることもあります。最 後に、サービスを確実に提供する運用ツールについても忘 れないようにします。 12 | THE DOPPLER | 2016年冬号 ステップ7: セキュリティとガバナンスの定義 前述の通り、これらは体系の概念です。