The Doppler Quarterly (日本語) 冬 2016 - Page 10

戦略と 経済性 エグゼクティブにとっての クラウドのメリット、 目的、 および目標 クラウド対応 アセスメント 組織の調整 ROI/TCO分析 経済モデル セキュリティと ガバナンス アプリケーション ポートフォリオ アセスメント セキュリティの制御と アセスメント ポートフォリオ対応 アセスメント CSA/ISOの基準 AppVista ハイブリッドクラウド の構築 セキュリティ テクノロジー アセスメントツール およびアーキテクチャ クラウドリファレンス アーキテクチャー 実用最小限のクラウド (MVC) 機能マトリックス POCとパイロット運用 クラウドへのアプリ ケーションの移行に 関するロードマップと 計画 アプリケーション移行 ファクトリ 改善とセキュアな クラウドの実装 アプリケーション の移行と開発 (MVC) インフラストラクチャモダ ナイゼーションの自動化 DevOps DevOps成熟度 アセスメント DevOpsの認定と トレーニング DevOps 自動サービス CloudOps サービス管理 クラウド運用モデル ガバナンス、課金、 チャージバック、監査、 ログ収集、 および エスカレーション 組織のプレイブック トレーニング ビジネス推進要因: コスト削減/TCO ・ CapExとOpExの比較 ・ 自動化 ・ 市場投入期間 ・ 効率 クラウド採 用プログラム (CAP) により、企 業は、戦 略 と経済性から、ポートフォリオ評 価と移行、DevOps と CloudOps まで続くクラウド採用に関する 6 つの主な段階 を踏みます。企業は、さまざまな観点からクラウド採用プ ログラムに参加することがある一方で、その大多数が、構 造的かつ一貫した方法で CAP が取り組む一連の共通した 要件と目標を共有しています。 Avid のクラウド採用も同様に進展しました。戦略と経済性 のフェーズでは、TCO/ROI 分析により、AWS への移行 に対して確固たるビジネスケースが実証されました。Avid は IT データセンター運用の費用を 50% 削減するというの です。 CAP に沿って進み、Avid チームはポートフォリオ評価を完 了し、プロジェクトのアプリケーション移行フェーズに入る 前に Avid の仮想プライベートクラウドの展開を自動化しま した。 AWS に移行されたワークロードにより、ミッションクリティ カルなバックオフィスアプリケーションから、顧客に直結 し収益につながる Web アプリケーションまでの全領域が 稼働しました。その Web アプリケーションには Cognos、 Confluence、 Ping、 Sitecore、 AVID ライセンスアプリケー ションが含まれます。また、CloudEndure のリアルタイム 8 | THE DOPPLER | 2016年冬号 で継続的なブロックレベルレプリケーションを使用して、物 理と仮想サーバーの両方をスタック全体で確実に AWS に 移行しました。 Avid のクラウド採用プログラムにより、100 台以上のサー バーが AWS に移行され、Avid のコロケーション xxꂸaxkx8ह/o*8icx8ajU8x8888ସ8੸ Օ8c9l#aixex8oeg U8n8k8x8B(c8ऺ/z`'c%fxgxj PU ]ۙ8kT8xxह/o*8ei PU\XۛX8x8xसghgŒ:`,zeix88eoeg x88j`&n. L:`,zeऺ)xfxl *9fj8kki8ifx x88k 9`zfi xx88k]Y8klezeਸ8Bx8हd#9/k8gjT8i`]XܙH9d$xdxj¹ :`jyc%ei PU8kx8xfxnxikb!8j9y!ह/`,fBU88xx88हk(xeoeg ]Y8k xx੸xn8k(c8हc!y98jkxfxdj8i z`b¹*:ghikx99&j88xxਸ8/`,k.(yxk/y`)8हi)naxjj8xdj8c8icxoeg ebe xdaeg¹빪&xहy'ei`e9$8fxjk xcxxi)98jxੂxn8kਸx8xc9oz)xifx c!y98jbxहcbcxj B]Y8kab9/j`(a8 y 9b'xk!/:!kx੸yy*8B8x8ऺeneich8exa8