Museum of Sake Journal Summer 2016 - Page 48

GLOBAL SAKE VOICE: JOHN GAUNTNER NK: How do you describe Okubukai in English? JG: I guess ‘deep’ but it’s not a translation that does it justice. It’s one of those terms that doesn’t translate well. Another one, if you talk about sake production. In Japan they are happy with the basic description and they familiar with many aspects, like what koji is without asking much more. Outside Japan people tend to want to know every detail and it has to make sense to the audience. I’m originally an engineer so I have a technically-oriented mind, so I can help provide that level of detail that is demanded in the West. NK: おくぶかい」って英語でなんと表現するのですか? JG: 「ディープ」かと思いますが、正当な訳ではありません。翻訳の 出来ない表現の一つかと思います。 もう一つ話させて下さい。日本酒の醸造についてなのですが、日本 では身近なものを基礎的な情報のみで満足してしまう傾向にある ように思います。例えば麹についても、深くそれがなにか質問しな い。日本の外では、聴衆はそれがしっかりと理解できるまで、細部 にわたって様々な情報を知りたがります。私は元々エンジニアだっ たので、技術的な考え方を好みます。ですので欧米で必要とされる 細かな情報を伝えられるのではと思います。 NK: Was it difficult to bridge these two cultures? NK: 二つの文化の橋渡しをするのはご苦労があるのでは? JG: It was a challenge, but a fun challenge, especially to present this 1500 year old history in a way that is easy for people from a different culture to understand. JG: 挑戦だけれど、楽しい挑戦だね。特にこの1,500年にも渡る歴史 を紹介できるのは、他の文化圏の人々にとっても難しいことではな いと思います。 I can see you are very careful in the way you explain terms and sake expressions. NK: NK: 非常に慎重に、日本酒用語や表現を使ってらっしゃる印象があ ります。 JG: You have to cover all angles but leave an interpretation open to exceptions. I’m very careful about how I determine terms. … Some people say I’m like a lawyer, but you have to be this way, and to be careful with sake. It is the way it is. JG: 全ての角度をカバーしなければいけないし、例外についても理解 をしなければいけない。用語を定義する際には細心の注意をはかる ようにしています。何人かに、私が弁護士のようだと言われたこと もありますが、それ位日本酒について紹介す kk*9oxcjdxl8a8dxja8j9'xhia8ofx UTUSHшRHTS