Museum of Sake Journal Summer 2016 - Page 47

GLOBAL SAKE VOICE : JOHN GAUNTNER
NK : Were there particular individuals or teachers who gave you inspiration along the way ?
JG : There were so many people . The first person I met when was I was teaching on the JET Program was a guy called Mr . Masao Anzai . I visited his house on New Years Day 1989 and he was the first one to introduce me to really good sake . I had 5 or 6 sake , and it was the first time I had Nurukan , Nomi Kurabe , Tokute Meishoshu and premium sake . It was this that got me started .
From then I started going to the department store where teacher Haruo Matsuzaki worked , where I could ask questions and learn . I wrote a letter to British Toji Philip Harper , and he invited me to visit him in his brewery . I went down to Umenoyado and worked there a couple of times . Once you start visiting breweries every series of Kuramoto will teach you so much , you just have to listen .
I have been lucky to have a gazillion teachers , but Anzaisensei , Matsuzaki-sensei , Philip Harper-sensei were the main three .
NK : You have a very unique career in many different ways , but one of the most unusual aspects is that you are not Japanese . How has that made a difference ?
JG : Because I am Western , when I teach people about sake , I understand how people in the West expect to learn and what will keep their interest . I can adjust the way I teach to align to those sensibilities .
NK : Could you give some examples of how they differ ?
JG : Sake is very vague- the various laws are in place for different grades but people in Japan are more accustomed to things being vague . In the West people tend to want it really structured as A , B , C . For instance- if the seimaibuai ( rice polishing ratio ) is 59 %, why are they calling it ‘ tokubetsu junmai ’? ... It ’ s a junmai ginjo …. No no you have to make these things very understandable , as a A , B , C progression . In Japan they will mix things up , because a logical progression is not so important if you are comfortable with this vagueness . Another example is way people describe flavour profiles . In Japan they have more vague terms such as ‘ Sukkiri ’ and ‘ Okubukai ’, but in the United States they prefer more concrete descriptors .
NK : この道を進む上で 、 誰か影響を与えてくれた個人や先生はいま したか ?
JG : 沢山います 。 最初のきっかけは 、 僕がJETプログラムで教師をし ている時に出逢った Anzai Masao 氏 。 1989 年のお正月に彼の自宅を 訪ねた際に 、 すごく美味しい日本酒を振る舞ってくれました 。 5・ 6 種試したけれど 、 そこで特定名称酒などの高級酒の飲み比べや 、 ぬる燗を初めて試しました 。 そこから全てが始まりました 。
そこから松崎晴雄先生の当時働いていた百貨店に行くようになっ て 、 先生にいろんなことを聞いて勉強しました 。
そして英国人杜氏のフィリップ・ハーパー氏に手紙を書いたところ 彼が蔵に招待してくれました 。 彼が当時働いていた梅の宿を訪問し て 、 そこでも数回酒造りをさせてもらいました 。 様々な酒蔵を訪問 するようになって 、 それぞれの蔵元さんから多くを学ぶ機会を得ま した 。 私にとって日本酒の先生は沢山いますが 、 Anzai 先生 、 松崎先 生 、 フィリップ・ハーパー先生は僕にとって重要な三名です 。
NK : 色んな意味で非常に変わったキャリアをお持ちのジョンさん 。 その一つの背景がご自身が日本人ではないことですが 、 そのような 立場であることで違うことってありますか ?
JG : 私は欧米人なので 、 日本酒を教える上で他の欧米人が学びたいこ と 、 興味のあることがよくわかります 。 相手の感受性に合わせて 、 自分の講義方式を変えることができます 。
NK : どのように変えているのでしょう ?
JG : 日本酒は非常に曖昧なことが多いですよね 。 それぞれの日本酒 のグレードに合わせた法則は多岐にわたりますが 、 日本人は曖昧 であることに慣れているように思います 。 逆に西洋では 、 人々は A 、 B 、 C … とはっきり構造化したものを好みます 。 例えば 、 精米歩 合が59 % だったら普通は純米吟醸になるのに 、 何故「特別純米」 と呼ぶのか … このような疑問に対して 、 誠実に分かりやすくA 、 B 、 C … と説明しなければいけない 。 日本ではいろんなことが混同されて いて 、 曖昧な世界に慣れているため 、 欧米人のコボムロジカルな 連続性というのはそこまで重要視されていないように思います 。 他 の例では日本酒の味わいの表現が挙げられます 。 日本では「すっき り」や「奥深い」といった曖昧な表現がよく使われますが 、 アメリ カではもっと具体的な定義を求められます 。
MUSEUM OF SAKE JOURNAL 47
GLOBAL SAKE VOICE: JOHN GAUNTNER NK: Were there particular individuals or teachers who gave you inspiration along the way? NK: この道を進む上で、誰か影響を与えてくれた個人や先生はいま JG: There were so many people. JG: 沢山います。最初のきっかけは、僕がJETプログラムで教師をし The first person I met when was I was teaching on the JET Program was a guy called Mr. Masao Anzai. I visited his house on New Years Day 1989 and he was the first one to introduce me to really good sake. I had 5 or 6 sake, and it was the first time I had Nurukan, Nomi Kurabe, Tokute Meishoshu and premium sake. It was this that got me started. したか? ている時に出逢った Anzai Masao氏。1989年のお正月に彼の自宅を 訪ねた際に、すごく美味しい日本酒を振る舞ってくれました。5・ 6種試したけれど、そこで特定名称酒などの高級酒の飲み比べや、 ぬる燗を初めて試しました。そこから全てが始まりました。 そこから松崎晴雄先生の当時働いていた百貨店に行くようになっ て、先生にいろんなことを聞いて勉強しました。 From then I started going to the department store where teacher Haruo Matsuzaki worked, where I could ask questions and learn. I wrote a letter to British Toji Philip Harper, and he invited me to visit him in his brewery. I went down to Umenoyado and worked there a couple of times. Once you start visiting breweries every series of Kuramoto will teach you so much, you just have to listen. そして英国人杜氏のフィリップ・ハーパー氏に手紙を書いたところ 彼が蔵に招待してくれました。彼が当時働いていた梅の宿を訪問し て、そこでも数回酒造りをさせてもら a8oeg 8!xjad%-xऺ**ec¸fx8ajjhi xgx8g8k%-ya`exbyi&cहkimg/&हooeg xjj8hiy+:adkab9'kllxa8ofxc8 P[Zyab9' yom#ab' xx8x9ab9'k`xjj8hiaz)xj."yd#xifx H]HY[XH]HH^[[ۈXX\][Z\[ZKX]^ZK\[ZK[\\\\[ZH\HBXZ[YKΈ:"lj#dliggn.8ji"xhgxਸसb xhxk8ex [H]HH\H[\]YH\Y\[X[HY\[^\]ۙHوH[[\X[\X\][H\H\[\K\]XYHHY\[O‚Έ9xk)l.jki yy+:adहfxb8."i.k)l.c9kilga8d‚ΈX]\HH[H\\[HXX[HX]ZKΈ8jxk8aji"xb8ia8kiea'‚H[\[[H[H\^XX\[][Y\Z\[\\ H[Y\H^HHXX[YۈH[X[]Y\˂Έ9y+:adkggn.8j幦)jdj8c9i&a8ifx8kx gx8g8ky+:ad΂gxk. 8i8k 9kc8e:!.c9y+9.ikja8dj8ifxc8 xgxk8ajh-8i`dj8i`exadj8hi`ࢸofxb'‚j8 z""9dlk`dj8c88cbࢸofx 9bk'c)jd"8fi B!b!k+&yyo#हi"xb8dj8c8icxofx k888xjd"8fgybaki&l8jgࢸofxc8 yy+9.k幦)¸i`dj8jh8ia88aj'xa8ofx `!j)o"ik y.!xk‚Έ[[H]HYH^[\\و^HY\‚x P P)j8khcxࢹ`(9c%eg࠸kहioxoofx /b8l8 y쯹ljBd"8c;%{&{!xh8hgyk`&k%9ld'a8jjkj y/eyax#9nyb)y%9l#B΂ZH\\HYYKHH\[\]\H[XH܂Y\[ܘY\][H[\[\H[ܙHX\YY[Z[YYK[H\[H[[]X[HX\Y\Kˈ܈[[KHYHZ[XZXXZBXH\[][H\ NIKH\H^H[[]8&X]B[XZx&O ]8&\H[XZH[)[H]HXZB\H[\H[\[XK\HKܙ\[ۋ[\[^H[Z^[\ X]\HHX[ܙ\[ۈ\›[\ܝ[Y[H\HYܝXH]\YY[\˂[\^[\H\^H[H\ܚXH]\ٚ[\˂[\[^H]H[ܙHYYH\\X\8&Z\x&B[8&XZZx&K][H[]Y]\^HY\[ܙBۘܙ]H\ܚ\ܜ˂j9do8mkb)dk8ajyecjkei z*9kjb!bࢸ8fxcx P P¸)j:*9#ejdx8l8a8dxja8 y+8ika8xjdj8c9d#8ex8ia8i y幦)j.%c8jh8ia8gx y)l.k88x8j`()j8a8akkgxdoiaz)z)ex8ia8ja88aj'xa8ofx .傸k/iky+:adkdla8k(j9c9&xdx8ofx y+8ik#8fxhcBࢸ#x8#9iiyxa8#xj8a8hg幦)j(j9c88c/o8ofxc8 xਸxꂸik࠸hj9am/d8jkxह`xx8ofx UTUSHшRHTS ‚