Garuda Indonesia Colours Magazine May 2019 - Page 168

Japanese Section Travel Trends トラベル•トレンド ジャパニーズ ・ セクション とする多国籍料理が並ぶオープン・キッ チン・スタイルのビュッフェに加え、ラ イヴ音楽や踊りのパフォーマンスも披露 され、改装されたばかりのボールルーム で催される“ヒラール”ではインドネシ アの珍しい郷土料理の数々が味わえる。 メニューは日替わりで、アコー・プラス のメンバーとバンキング・パートナーは 特別優待を受けられる。 pullmanjakartacentralpark.com Japanese Section 日本の読者の皆様へ、「Colours」 誌の特選記事をお届けします。 今月の特集: トラベル・トレンド 旅の醍醐味とは、新しいものに出 会うこと。おしゃれなスポットや人 気のイベントなど、旅慣れた旅行者 の皆様へとっておきのおすすめリス トをお届けします。 トラベル:トギアン諸島 万華鏡のような水中生物、人なつこい 地元民と人けのないビーチに恵まれた トギアン諸島へ、心の安らぎを求める 旅に出た。 ハイアット・リージェンシー・ジョグ ジャカルタ 熱帯植物が茂る22ヘクタールの庭園に たたずみ、メラピ山と隣接する9ホー ルのゴルフコースを臨むこのホテル は、ジャワ島の文化的中心地を探検す る拠点として最適だ。豪華な客室には 大きな窓があり、庭園もしくはプール を見渡す絶景を堪能できる。魚釣りや グランピングといった子供向けのアク ティヴィティも充実しており、屋外の 遊び場と、70メートルのウォータース ライドがあるプールも備えている。さ らに2.5キロのジョギング・トラックに 加え、ヘルス・クラブにはサウナやジ ャクージ、リラックスできるスパとサ ロンもある。オープンキッチンのクマ ンギ・ビストロではアジアと西洋の料 理を味わえ、薪窯で焼くピザも人気 だ。ボギーズ・テラスでは冷たい飲み 物とライヴ音楽を楽しむことができ、 パスバン・ラウンジでは座り心地のい い椅子でくつろぎながらスイーツやフ レッシュな飲み物を満喫できる。ま た、ライス・フィールド・バイク・ツ アーに参加したり、周辺の遺跡を探索 しに出掛けたりして足を延ばしてみる のもいいだろう。Hyatt.com より安全な旅のために 安全のしおり、機内安全ビデオを離陸前に必ずご覧 下さい これまでに何度も安全に関する注意をご覧になってい るお客様もいらっしゃるかもしれませんが、ご旅行の 度に説明をご覧いただく事で緊急時の迅速な行動が可 能となります。 適切に収納されていないお手荷物は大変危険です。 お客様のお手荷物は、頭上の棚入れまたは前の座席の 下へ適切にご収納下さい。足元または通路に置くのは おやめ下さい。適切に収納されていない頭上のお手荷 物は、突然の衝撃があった場合飛び出してきてお客様 ご自身だけでなく、他のお客様を傷つける恐れがあり ます。また、緊急脱出の際、お手荷物は持たずにでき るだけ素早く脱出下さい。お手荷物を持っての脱出は 時間がかかるだけでなく、怪我の原因にもなります。 また、お手荷物が規定のサイズや重量を越える場合は 機内には持ち込まずにお預け下さい。 機内でご使用になれない電子機器類など 電波を発信する機器類:携帯電話、トランシーバ ー、FM/AMラジオ、ラジオ通信機器、プリンター、テ レビ受信機、無線通信機器(ワイヤレスヘッドホン・ ワイヤレスイヤホン・ワイヤレスマイク・電池内蔵I Cタグ・パーソナルコンピュータ・携帯情報端末・ワ イヤレスのPC周辺機器・電子ゲーム機・無線通信機 能付歩数計・無線通信機能付心拍測定計・無線通信機 能付腕時計・無線式キーなど、電波によって通信が行 なわれる機器)、無線操縦玩具(ラジオコントロール のおもちゃなど、無線により遠隔操作する装置)は機 内でご使用いただけません。 救命胴衣の位置について 皆様の救命胴衣は座席の下または横にあります。着 用方法については安全のしおりやビデオをご覧下さ い。非常事態が発生した場合、お客さまの一刻も早い 機外への脱出のため救命胴衣は非常口から脱出する 直前もしくは水に飛び込む際や救命ボートへ乗り込 む直前に膨らまして下さい。機内で膨らますと脱出 の際通路で足元も見えず大変危険ですので膨らまさ ないで下さい。 プルマン・ジャカルタ・セントラル・ パークでのラマダーン 166 衝撃防止姿勢について 緊急時には、身体に対する衝撃を抑えるための衝撃防 止姿勢をおとり下さい。まずシートベルトを腰の低い 位置でしっかりと締め、背中の低い位置をお座席の背 もたれに押しつけて下さい。次に足を肩幅に広げ床に 固定します。前の座席に手が届く場合は、その背もた れに両腕を交差して置き、そこに額を乗せ体に力を入 れて下さい。前の座席に手が届かない場合は、体を前 屈させ胸を膝につけ、足首を握って力を入れて下さ い。これら衝撃防止姿勢を基本とし、いざという時、 それぞれのお客様に一番良いと思われる衝撃防止姿勢 をお取り下さい。また緊急時は衝撃が1度でおさまら ない場合もありますので機体が完全に止まるまでその ままの姿勢でお待ち下さい。 プルマン・ジャカルタ・セントラル・ パークでは聖なる月のラマダーンを祝 うべく、イフタール(日没後の最初の 食事)の伝統を取り入れ、コラージ ュ・オール・デイ・ダイニングや、イ ンドネシア流の断食を解く祝祭“ヒラ ール”で特別メニューが用意され る。12階のレストランでは中東を始め ※お子様の救命胴衣は座席下には用意されておりませ ん。客室乗務員が直接手渡します。